Home全人類が一瞬で目覚める瞬間がある> 心の貧しい人の方が救われる

悟りの境地・全人類が一瞬で目覚める瞬間がある

心の貧しい人の方が救われる


罪人であることを自覚した人は、実は天国に近いのです。
自覚しない人は、天国に遠いのです。

ましてや、「私は立派だ」と自惚れている人は、最も天国から離れているのです。
こういう人は、カルマを背負っていることに気づいていないからです。

聖書には、「心の貧しい人は幸いである」あるいは、「悲しんでいる人は幸いである」とあります。

「心の貧しい人」とは、自分に自惚れることがない人のことです。
「悲しんでいる人」とは、間違っていることをわかっている人のことです。
悪いことをして、「悪いことをしてしまった…」と反省して落ちこんでいる人のことです。

逆に、「自分は悪いことなんかしていない」と思って悪いことをしている人間は一番困ります。
いくらでも同じことを繰り返すからです。

親鸞上人も同様のことを「善人尚もて往生す、況や悪人を哉」という表現で諭しています。
ここで言う善人とはカルマの少ない人、悪人とはカルマの多い人のことを指しています。
「カルマの少ない人でさえ救われるのに、ましてやカルマの多い人が救われないわけがない」という意味です。

つまり、カルマの多い人は必死に救いを求めますから、カルマの少ない「自分はそこそこ幸せだ」などと思っている人よりも、
はるかに救いやすいということなのです。
キリストと親鸞は非常に似ているところがあるのです。

また、ブッダはこんな例え話をしています。
ここに焼け火鉢があったとして、それが熱いことをわかっていて触った人と、
わからないで触った人とではどちらが被害が大きいでしょうか?

わからないで触った人の方が大やけどをする可能性が高いのです。
これは、「私は罪がないまともな人間だ」と思っている人の方が、救いずらいという意味です。
「私にはこんな罪があるんだ」ということをわかっている人は、それほど大やけどはしなくて済むのです。


28)「全人類が一瞬で目覚める可能性がある」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!