Home真我とは人生双六の「上がり」である> 真我を開き続けるためのコツは素直・正直・即実践

悟りの境地・真我とは人生双六の「上がり」である

真我を開き続けるためのコツは素直・正直・即実践


一度真我を開いたら、その後は真我の波に乗り続けることが真我を開き続ける秘訣です。
真我の波に乗っている人はみんな確実に良くなっていきます。

真我の波に乗っている人には共通点があります。
それは素直で、正直で、即実践する人だということです。
人の忠告を素直に受け入れ、自分を飾ったり嘘をついたりせず、そして、良いと思ったことはすぐに行動に移す。
そういう人たちは日毎に真我が開いていき、会うたびに素晴らしくなっていきます。

そして、もう一つの共通点は、そういう人たちはみな感謝の心を忘れないということです。
一時的には真我の波に乗っていたとしても、感謝の心を忘れてしまうと自分という我が出てきてしまい、
途端に真我の波からはずれてしまいます。

今の自分があるのは、両親を始め、たくさんの教訓を教えてくれた先輩や、
意識の高みに導いてくれた師、縁の下で支えてくれた伴侶や数多くの仲間たちがいたからこそです。
まわりの人たちの大きな愛に包まれて、今のあなたがいるのです。
そのことを絶対に忘れてはいけないということです。

さらに真我を開いていくためにやるべきことは、確信を高めて行くということです。
私は十数年間、真我の仕事をしていますが、いまだに毎日毎日驚きの連続なのです。
どうもこれには際限がなさそうです。
「やっぱり真我の力は本当にすごいんだ!やっぱり間違いないんだ!」と毎日確信を深めています。

真我の道は今まで通っていた道とは違うために、その道が正しいとわかっていても、
時として確信を持てなくなることもあります。
空から見た時に、「こちらの道の方が目的地まで一番近くて安全だ」ということが見えても、
他の人々がみな違う道を歩いていたとすると、少し不安がよぎることがあるのです。
その不安を消していかなければなりません。

そのためには、何回もその道を歩いていくことです。
そして、「やっぱりこの道で間違いなかったんだ!」と確認をしていくしかないのです。

その結果、揺るぎない確信を持つことができるようになるのです。
真我を開き続けてということは、確信を高めていくということでもあるのです。

真我は神ですから、私たちが確信しようがしまいが最初から完璧、完全です。
しかし、自分自身でもそのことの確信を高めていき、神の事実と自分の確信とを近づけて行くのです。
そして、それを完全に一致させることが最終到達点です。
そのために、日常生活の中で少しずつでも確信を高めて行くのです。
確信を高めるに従って、意識は神に近づいて行くのです。
それが次元アップということなのです。


56)「アセンションを望むなら、過去の目標に囚われない柔軟性を持て」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でクオンタム・ジャンプ 無料メルマガ!