Home幸せ・喜び・愛・神...すべて調和である> 人を真我に導ける人が真のリーダーになれる

悟りの境地・幸せ・喜び・愛・神...すべて調和である

人を真我に導ける人が真のリーダーになれる


真我を開けば開くほど、多くの人に真実を伝えられるようになります。
なぜなら、真我を開いて意識が上がると愛が広く深くなるからです。
愛は誰もが求めているものですから、意識が上がれば上がるほど誰にでも伝わりやすくなるのです。
子どもには子どもの背丈に合わせて話してあげ、大学生には大学生の求める話をしてあげる。
そのようにあらゆる状況に応じて自在に対応できることが、愛の広さの証明でもあるのです。
そこには、自分という形ではなく、相手の立場に変化自在になれるという大きな愛があるのです。

意識が上がると愛が広く深くなります。
愛が深くなると考えが深くなり、愛が広くなるとより多くの人を愛せるようになります。
一番狭いのは自分しか愛せない、あるいは自分さえも愛せないということです。

例え一人で悟りを開いたとしても、その悟りを実践に活かすための知恵がなければ本当の愛にまでは昇華しません。
知恵と実践とが結びついていかなければ、本当の愛を実践したことにはなりません。
愛が知恵に変化し、行動に変化しなければ意味がないのです。
陽明学で言う知行合一、“知って行わざるは知らざると同じ”です。
神の知恵を行動と合一させるわけです。

もし、今の職場の居心地が悪いとしたら、
それは自分の意識レベルと他の人たちの意識レベルとがあまりにも違い過ぎるということです。
もしも他の人たちよりも自分の方が明らかに意識が上だとしたら、
その時には、わざわざまわりの人たちに合わせて自分を謙る必要はありません。
逆に、もっと自分自身の意識を上げれば良いのです。

自分の意識をさらに上げると、その職場にいることがより居心地悪くなってしまいます。
しかし、それで良いのです。その時には、その職場には居られなくなるかもしれませんが、その場合は他に行けば良いのです。
もしくは、他の人たちを導くだけの力を持てば良いのです。
上に行くほど調和の世界になりますから、下の人たちを引き上げることができるようになるのです。

どんな環境にいようとも、自分の意識をさらに上げて行くことに努めるべきです。
高い意識を持っている人がこれからの新しいリーダーです。
そういう人が下のレベルに合わせてしまうと、大変息苦しくなってしまいます。
ですから、遠慮なしにさらに上げて行けば良いのです。
そして、意識のまだ低い人たちを引き上げてあげるのです。
自分で環境を変えてしまうのです。

意識の頂上近くにまで昇りつめてしまうと、もう社会全体と波長が合わなくなってしまいます。
その時には、山に篭るか、死を選ぶか、もしくは大衆みんなを導く役を果たすか、そのいずれかになります。
そのことがわからないと、圧倒的多数に飲まれてしまい、自分自身の存在価値を見出せなくなってしまうのです。
その結果、悟りを得た人が早死にをしてしまうのです。
ですから、予めその現実を知っておく必要があるのです。

上に上がれば上がるほど調和の世界になっていきます。
調和の世界にいれば健康にもなります。
人々を導く仕事をしていれば、そのこと自体が使命そのものですから、元気もどんどん湧いて出て来ます。

他人の悪口を言って喜ぶような人たちの中で、自分一人だけがその輪の中に入らないでいると、
そのことがまわりからすると不調和になってしまいます。
しかし、その人たちを本当の調和された状態に導くことができれば、全体が調和の世界になります。

他人を導いていくと、自分自身もアセンションすることができます。
導くという行為自体が愛だからです。
もっと低い次元の人を導くことができれば、それはそれだけ愛が大きいということです。
実は、これが本当の使命の発見なのです。

しかし、現実には、いくら自分の意識が高くても、まわりにいる意識の低い人たちの思いの方が強ければ、
そちらの方に引き込まれていってしまいます。
そこでは数の論理がものを言うのです。

その大多数の想念に打ち勝つ方法は、真実を実証していくことです。
真理は、例え六十億人対一人でも一人が勝つ可能性があるのです。
コペルニクスが地動説を唱えた時は、全世界の人々が反対の考えを持っていましたが、
彼は真実を証明してみせ、全世界の人たちの認識を百八十度変えてしまいました。
真実には誰も反対できないのです。

本当に真我を開いていくと、真我は愛ですから、自然に人を導いていくようになります。
苦しんでいる人が目の前にいたら、自分は真我の素晴らしい世界を既に知っているのですから、
伝えずにはいられなくなるのです。
逆に言えば、人を導いていない人は、あまり真我を開いていないのです。
そういう人は、結局は自分のことしか考えていないエゴ的な人間なのです。

人を導いていくことが自分の使命だと意識している間は、そこに少なからず義務感のようなものがあります。
人を導くことをごくごく自然体にできるようになれば、いよいよそれは本物になってきた証拠です。
多くの人たちに本当の愛に目覚めてもらうことが一番の喜びになるはずです。


62)「古い秩序を破壊し、新しい秩序を再構築せよ」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!