Homeすべての存在は神そのものである> 神が完全ならなぜ人間はこれほど苦しむのか

悟りの境地・すべての存在は神そのものである

神が完全ならなぜ人間はこれほど苦しむのか


よくこういう質問を受けます。
「神は完全であり、調和であり、一点の曇りもないのに、なぜ人間はこんなに苦しまなければいけないんでしょうか?」と。

私たちが見たり感じたりするものは、全て相対的なものです。
相対がなければ、時間も空間もなく、何も認識することも感じることもできません。

しかし、神そのものには相対がありません。
神にとって唯一の相対は、私たちの業、即ち人間の心だけなのです。
私たちに相対が存在することによって、私たちは神の素晴らしさを認識することができるのです。
もし、神だけで相対が存在しなかったら、神の素晴らしささえも私たちは認識できないのです。

料理にも美味しいものとそうではないものが存在するから、美味さを認識できるのです。
苦しいことを経験するからこそ、本当の喜びも味わえるのです。
病気を経験してこそ、健康の有難味がわかるのです。
私たちの意識は絶対ではないが故に、この三次元の世界の中で様々な体験をし、様々な感覚を味わうことができるのです。

本来、業などはどこにも存在しません。

しかし、私たちには過去の記憶が業として残っています。
神が創ったままの記憶と、私たちが体験した記憶とが唯一相対になっているのです。
意識が神そのものになったら、もう相対はなくなります。
そして、業もなくなります。
ところが、業の中で生きている限りは、神と業の二つの記憶がいつまでも併存するのです。

10)「光だけが真実である」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!