Home人間は神そのものの意識になれる> 神は原理そのものである

悟りの境地・人間は神そのものの意識になれる

神は原理そのものである


天と地、陽と陰、プラスとマイナスと分けるのは相対的な捉え方です。
しかし、相対的な捉え方は真実ではありません。
宇宙には天も地も、陽も陰も、プラスもマイナスも、能動も受動もないのです。
究極はただ一つ、神の原理があるだけなのです。

神は原理そのものなのです。
神が原理を創ったのではありません。
原理そのもののが神なのです。

生きとし生ける森羅万象すべてのものが神であって、この宇宙には神というただ一つがあるだけなのです。
そこに相対は存在しないのです。

ですから、本来は天と地を分けるべきではないのです。
「天においてなされることが地上において現れる」という表現は真実ではありません。
地上に現れたことも全て天なのです。
地上にあるものも、天にあるものも全部が一つなのです。
地上に現れているものも現れていないものも、全て天の現れ、神の現れなのです。

人間を神と捉えたら、戦争も闘いも病気も一切存在しません。
何も最初から起きていないのです。
何者も死んではいないのです。
神は最初から死んでもいないし、生まれてもいないし、何も起きていないのです。

実相とは神のことです。
真我とは神のことです。
神に戦争などありません。
病気もありません。
闘いもありません。
憎しみも恨みも何もありません。

私たちの目には様々な出来事が映り、私たちの耳には様々な情報が入ってきますが、
それは私たちの五感で見たり聞いたりしているだけであって、神の世界にそのようなものはないのです。
この真実がわかれば、初めて全ての謎が解けてきます。

人はみなそれぞれに悩みを抱えていますが、私の所で真我を開くと、
その瞬間に「悩みなどどこにも存在していなかったんだ」ということがわかります。
全部は自分の妄想だったということに気がつきます。
そのことがわかった時に、悩みのみならず、病気もガンも全部消えてしまうのです。
全ては幻だったのです。


32)「宗教とは」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!