Home人生の目的は神に目覚めることである> 魂とは真我が個性化したものである

悟りの境地・人生の目的は神に目覚めることである

魂とは真我が個性化したものである

六十三億人の真我はみな同じですが、魂は六十三億人それぞれ別々です。
真我と魂の違いは、真我を水に例えるとわかりやすくなります。
水は、海、水蒸気、雲、雨、雪、川、湖、氷…というように様々にその姿を変えます。

しかし、姿は違っても、どれも「H2O」という水の分子であることに変わりはありません。
それらすべてを「水」として捉えるか、
「海」、「水蒸気」、「雲」…というようにそれぞれ別個のものとして捉えるか、
その視点の違いだけなのです。

全体の単位で捉えるのを真我、個の単位で捉えるのを魂としているのです。
ですから、すべての人は生命として捉えればみな同じなのです。

すべては視点の違いでしかありません。

私たちの顔を見るにしても、肉眼で見たら顔として見えますが、
顕微鏡で見たら、もはや顔とは見えなくなります。
しかも、倍率を変えたら、それぞれまた全然違ったものに見えます。
その倍率にしても無限にありますから、視点も無限に存在するのです。


13)「宇宙の法則とは元に戻る働き」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!