悟りの境地・すべての行為は自分を知る働きである

「神の自覚」(1)


私は神だ。私自身の神があったのだ。
なんとすごいことだ。
私が神であり愛であり宇宙なのだ。
そして、すべての人、愛と一緒なのだ。
わだかまりが一瞬にして消えた。
まるで真っ暗な部屋に急に光を灯したかのように。
今までのこだわりが消えた。
気が合わず、話をするのも避けていた人、憎らしくて憎らしくて会えば必ず喧嘩をする人、今急に会いたくなってきた。
いろんな話をしたくなってきた。
すべての人はみな良い人だ。
すべては同じ愛であり、私たちは同じ宇宙なのだ。
宇宙は争いのない調和のとれた平和な世界。
今まで自分を変えようと考えてきたこと自体が馬鹿らしくなってきた。
自分を変えようなどと考えず、自分を愛せばいいことに気づいた。ただそれだけでいいんだ。
なぜなら私は神だからだ。
神は絶対的なもの、宇宙は力みや無理のない世界、変える必要など何一つない。
私は神、すべては良い方向に向かっている。
私の細胞の一つ一つが踊っている。私の病気が消えた。
お父さん、私を生んでくれてありがとう。
本当にありがとう。
今生きていることが楽しくて嬉しくて、涙が溢れ出てきました。


52)「「神の自覚」(2)」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!