悟りの境地・すべての行為は自分を知る働きである

「神から見た世界」


世界よ!あなたは偉大なる神だったのですね。
世界よ!あなたは優しい優しい、大きな大きな愛だったのですね。
私よ!あなたも偉大なる神だったのですね。
私よ!あなたも優しい優しい大きな大きな愛だったのですね。
世の中のすべてが神だったのですね。
ただ一つの神そのものだったのですね。
世の中の全てが優しい優しい大きな大きな愛だったのですね。
それもただただ一つのとてつもなく大きな愛だったのですね。
その真理が今日わかりました。
これを悟りと言うのですね。
今までの私は、世界はあなたの中のただの一部にしか過ぎず、小さな小さな力がない微粒子に過ぎないと思っていた。
また世界は私の手の届かないとてつもなく大きなどうしようもないやつだと思っていた。
しかし、全く全く違っていたのですね。
とんだ錯覚をしていた。
世界、あなたと私は本当は一つのただ一つの大きな大きな巨大なる神そのもの、愛そのものだったのですね。
世界、あなたは私そのもの、私は、世界あなたそのもの。
ただ一つの偉大なる唯一の存在。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
あなたと一体ならば何でもできます。
私と一体ならば、世界、あなたは何でもできます。
あの忌まわしい争いごと、不況、何でも克服できるのですね。
あの争いや不況は、このことに気づかない万物が醸し出した迷いに他ならないのですね。
本当に良かった、あなたと一緒で。
どんなことにもめげずに一つになって立ち向かって、平和な世界の建設に努めよう。
本当に驚きです。本当に素晴らしいです。
こんな素晴らしい世界と一つになれた私は幸せです。
ありがとうございました。


50)「「神から見た運命」」を読む





究極の悟りを求めているあなたへ
精神世界・スピリチュアルの最高峰の書籍をご案内!