Homeすべての行為は自分を知る働きである> まわりの環境は全て自分の心の影である

悟りの境地・すべての行為は自分を知る働きである

まわりの環境は全て自分の心の影である


人間は多重構造でできています。
人間の一番の中心は、人間の本質である真我です。
その外側に霊体、幽体、(※霊体、幽体の順序について以前佐藤学長から正しくは幽体、霊体であるとのお話しをお聞きしたことがあります)
幽体エーテル体、肉体、そして、オーラがあり、一番外側に環境があります。
通常は、このオーラまでを自分と捉え、環境と自分とを分けて考えます。
しかし、本来は環境も自分という存在の一部なのです。

もしも私たちに視覚や聴覚、嗅覚、触覚といった感覚器官が全部なかったとしたら、環境を認識することはできません。
しかしそれでも自分はあるのです。
と言うことは、環境とは、自分が見たものであり、聞いたものであり、触ったもののことなのです。
つまり、環境を認識するのは全部自分ですから、その環境とは実は自分のことなのです。

私たちはすぐに環境に責任を転嫁してしまいますが、環境も自分なのですから、
結局、全ては自分が造り出した結果に過ぎないのです。

環境とは、自分で見たもの、感じたもの、捉えたものでしかありません。
それは真実とは関係がないのです。
環境と自分は同じですから、環境を変えるのも自分を変えるのも実は全く同じことなのです。

一見強面の人が突然目の前に現れたら、みなさんは何と思うでしょうか?
(この人は怖い人かも知れない)と思うに違いありません。
しかし、その人のことをよく知っていて、彼はとても気の優しい良い人だとわかっていたら、
何も怖い人だとは思わないことでしょう。
人を見る時も、自分の価値観でしか見ることができないのです。
ということは、その人の真実がそこに存在しているのではなく、その人をそのように評価している自分がいるだけなのです。
ですから、この世界のものは全て自分そのものの心の影であり、自分そのものでもあるのです。


44)「人に矢を向けることは即ち自分に矢を向けることである」を読む





究極の悟りを求めているあなたへ
精神世界・スピリチュアルの最高峰の書籍をご案内!